腕脱毛はどの程度薄くなるのか

腕脱毛はどの程度薄くなるのか

人気がある脱毛部位として腕があげられています。
特に半袖になることが多い夏は腕脱毛の人気が高まります。

 

腕脱毛を受けると、どの程度ムダ毛が薄くなるのでしょうか。
脱毛の効果には個人差があるので、人によって効果の出方は異なります。
脱毛の施術が完了したときに、全くムダ毛が目立たなくなったという人もいれば、薄くはなったけれど、まだムダ毛が目立つという人もいるようです。

腕脱毛案内人

 

ムダ毛が薄くなるまでの時間にも個人差があります。
2〜3回ほどの施術でかなり薄くなったという人もいれば、一般的な脱毛のコースとされている6回の施術が完了してもなかなかムダ毛が薄くならないという人もいます。

 

剛毛で毛の量が多いという人は、脱毛の効果が実感できるまでに時間がかかる場合あるので、気になる人は、どれくらい時間がかかるのか事前に確認しておくと良いでしょう。
申し込みをしたコースが完了してもムダ毛が薄くならないときは、施術を延長することができますが、その場合、料金が高くなることがあります。
時間がかかりそうだと思ったときは、最近は、回数無制限で施術を受けることができるサロンやクリニックがも出ているので、そのようなサロンやクリニックを選んでおくと安心して利用することができます。

 

顔などの薄い産毛はレーザーや光に反応しにくく、効果が出るまでに時間がかかると言われています。
腕の毛は濃いという人が多いので、顔ほど時間がかからずにキレイになることができます。

 

腕脱毛効果安いランキングちゃんねるTOPへ

腕脱毛の際産毛への効果は?

半袖やノースリーブといった薄着をする季節が到来する前にしっかりと行っておきたい腕脱毛。
腕脱毛には様々な脱毛方法がありますが、光脱毛や医療レーザーといった方法で行う際、二の腕などにうっすらと生えている産毛に対しては効果が現れにくい場合があります。
その理由は、これらの脱毛方法の脱毛メカニズムにあります。
光脱毛と医療レーザー脱毛はどちらもムダ毛の色素に反応する光、あるいはレーザーをムダ毛に照射することで毛根の細胞にダメージを与えて脱毛効果を得るというメカニズムを持っています。

腕脱毛体験者

使用される光、レーザーはメラニン色素と呼ばれる体毛の黒い色素に対して作用するのですが、その色素は濃ければ濃いほど反応が強くなります。
そのため太く色の濃いムダ毛に対しては大変効果が出やすいのですが、腕や背中、顔などに生える細くて色素の薄い産毛に対しては反応しにくいため効果の現れ方がゆるやかになるのです。
通常光脱毛では8〜12回、医療レーザー脱毛では5〜8回程度の施術が脱毛完了までの施術回数目安とされているのですが、産毛に対して施術を行う場合はこれ以上に多くの回数がかかることがあります。
トータルではかなりの長期間を要することになり、根気強く施術に通う姿勢が必要です。
また、産毛の脱毛施術時に感じる痛みについては通常のムダ毛の場合と比べて弱くなるという特徴があります。
これは色素の薄い産毛に対して光やレーザーの作用が働きにくいため、毛根に伝わる熱のダメージも少なくなるためです。

 

腕脱毛サロンランキングはこちら