埋没毛について

埋没毛を発見しました。
埋没毛とは無駄毛処理を行ったあとに、何らかの影響によって皮膚内で発毛・成長してしまった体毛のことを言います。わたしはつい先日この埋没毛らしきものを発見して大変驚きました。しかもVゾーンに発見してしまいました。

 

腕や足など、一本一本が薄めの体毛でしたら対処もしやすいのですが、V・I・Oゾーンの脱毛に失敗して太い毛が埋没毛になってしまうと、成長した太い毛が皮膚のなかで炎症を起こしたり、ゴマのようにブツブツになってしまうこともあります。

 

肌から透けて見えてしまうこともあるため、アザのようなものになってしまうこともあります。とくにV・I・Oはピンセットや毛抜きで自己処理を繰り返すと、そのような症状になることがとても多く、他の部位よりも目立ちやすくなってしまいます。わたしの場合は皮膚をこすって埋没毛を引っ張り出してみたところ、太めの毛が6センチくらいスルスル出てきたため、ビックリしました。

 

皮膚のごく浅い層におこればこすって出てくる場合もありますが、深いところに発生してしまった場合は消毒した針などでつついて小さく切開し、なかを取りだす必要があるそうです。

 

その他では、皮膚科の先生と相談し、レーザーなどで脱毛して毛根を焼いて処理すると言う方法もあります。
とは言えど、長くカミソリやピンセットでの無駄毛処理を続ければ他の部分も埋没毛になる可能性は高いので、レーザーや光で脱毛をするのが一番いい方法だと気付きクリニックに通い始めました。