後悔先に立たず

後悔先に立たず

腕脱毛経験者

私は小さい時から毛深かったようです。
生まれてしばらくして、背中にわさわさと毛が生えている私を見て、母はタオルで必死にこすったことがあると言っていたことが有りました。

 

自分自身で毛深いことを意識し始めたのは中学生になってから。
運動会の時でした。

 

名前順に隣の席になった男子から「おまえ、毛深いな!!」と言われて、初めて自分がそういうものだということを知りました。
薬局で働いていている父の知り合いから、栄養ドリンク型の蛍光マーカーをたくさんもらう機会がありました。私はただ単純にしぶいな、これと思いながら気に入って学校に持って行っていたのですが、「お前はこんなものをも飲んでるから毛深いんだろ」と言われ、投げ捨てたのを覚えています。

 

それからです。まだ学生で自由に使えるお金がなかったので、家に身近にある軽石でこすってみたり、父の髭剃りに使っていたカミソリを拝借したり、気になるところをつるんつるんにしていました。

 

高校生になり、自分で使えるお金が少し出来た頃、脱毛クリームというものがあると友人から教えられ、購入しました。
私の肌には合わないのか、ヒリヒリするし痒いし、なんでこんな思いをするんだろうと悲しくなったのを覚えています。
それでも使用後は、カミソリなんかを使うよりもつるつるに仕上がって、本当に綺麗になりました。
脇を除いては。
私の脇の毛はすでに剛毛すぎていたのか、脱毛クリームを塗ったところでびくともしないかったのです。

 

脱毛クリームを使って処理をしても三日としない間にチクチクし始めます。
紹介してくれた友人に、
「もう、生えてきた。こんな周期じゃお金が持たない」と、いうと
「なんでそんなに生えてくるの!?」と、びっくりされました。

 

私の毛はものすごいんだな・・・と、こんなふうに産んだ父と母を恨んだことも有ります。
しょげる私に、それならばと、その友人は脱毛クリームを進めてくれました。
早速購入して試してみると、黒々と生えていた毛が目立たなくなりました。
これでチクチクしないし、目立たない!大喜びです。
けれどもそれも長くは持ちませんでした。
脱毛クリームより期間は長く持ったのですが、10日ほど。
10日すると、また生え際が黒々し始めたのです。

 

いいんだ、もう。
長い靴下を履いて、長袖の服を着ていれば、別に誰も見ないよ。
どんどん自分に自信がなくなってきました。
世の中には気にしない人もいるし、生えてたって元気にパワフルに行きている人はたくさんいます。
こんなことで自信をなくしてしまうのはおかしかったのかもしれませんが、当時の私には大問題だったのです。

 

短大生になった頃「綺麗なお姉さんは好きですか?」の脱毛器のCMを見るようになりました。
あれがあれば、悩みは解決されるのかな???
ものすごい期待でした。
アルバイトをして、欲しい洋服を我慢して、食べたいもの我慢して、ようやくそれを手にした時の嬉しかったことといったらありません。

 

ドキドキしながら説明書を片手にスイッチを入れ、一番気になっていた足に機会をあてました。
「っ!!!」もう、声にならない痛さで、びっくりしてしまいました。
CMで、すました顔で機械を動かしているお姉さんは、痛くないのか?と思ったものです。

腕脱毛体験者

「冷やしながらすると、痛くないよ」と、聞いたので、氷を使いながら、痛みに耐え、ジョリジョリジョリと機械を動かします。
片足が終わると、毛穴が真っ赤になりました。
それでもあの憎々しかった剛毛は、見事に何処かへ消えていていました。
そうしてもう片方の足、それが終わると腕、そうして脇。
どれも本当に痛くて、涙なしには処理できませんでしたが、全てが終わった後自分、毛がなくなった自分を鏡で見て、嬉しくてなりませんでいた。
赤みは次の日には消え、それからしばらくしても、毛は生えてこなくなり、快適な生活をおくることが出来ました。

 

ところが、2週間ほどして、足には黒いプツプツが見えるようになりました。
また、あの忌々しい毛が生えてきたのです。
処理をするには毛を伸ばさなければならず、生えてくるジョリッとした感じに痒みが伴い、かきむしる事しばしば。
生えては脱毛、生えては脱毛、痛みと耐えながら続けました。
痛みを軽減されるように設計された脱毛器が出ると買い替えました。
なるほど、前回より痛みはなくなり脱毛しやすくなりました。

 

冬が来て、脚や手を出す機会がなくなると、しばらく使用しなくなった時、私の足にはとんでもない剛毛がわんさか生えていることに気が付きました。
男の人と変わらない質と量。

 

脱毛サロンを考えました。
けれども、金額的に私が支払える範囲ではなく、自分に自信もなくなっていた私は、毛をなくしたところで私・・・と卑屈に。

 

今、彼も出来、結婚もし、子どもが出来ました。
剛毛でも結婚は出来ましたが、いまでも子どもにチクチクすると言われ続けています。

 

 

腕脱毛がおすすめのサロンはこちら